研究者データベース

丸井明美 MARUI AKEMI マルイ アケミ

所属部署名: 老年看護学(壬生)
職名: 准教授
Last Updated :2021/06/25

研究者情報

研究者情報

  • 氏名

    丸井明美, マルイ アケミ

所属

  • 老年看護学(壬生), 准教授

研究業績

論文

    原著論文
  • Impact of Dairy Alcohol Habit to Health Factors in Japanese Seniors., Marui, A. ,Ishikawa, Y.,& Kaneko,S, LIFE: International Journal of Health and Life-Sciences,, 5(2), 14-23, 2019年10月
  • 看護大学生のボランティア活動での学びと継続的なボランティア活動実践による学生の変化と課題, 丸岡 紀子, 丸井 明美, 島田 昇, 群馬医療福祉大学紀要, 4, 27-39, 2016年03月
  • 老年看護学学修前後の高齢者に対する肯定的なイメージ, 丸井 明美, 群馬医療福祉大学紀要, 2, 39-45, 2014年03月
    その他
  • 【最新エビデンスに基づく 今はこうする!患者の睡眠ケアQ&A】ケアの進め方 "昼寝て夜起きる"ような患者、改善を試みるべき?, 丸井 明美, エキスパートナース, 32(13), 87-90, 2016年10月
    不明
  • Association of self-rated health in community-dwelling elderly people of Japan, Akemi MARUI, Yumiko ISHIKAWA, Shoko KANEKO, Yukie KAMIYAMA and Noriko AIZAWA, Innovation in Aging, 1, 561-561, 2017年07月
  • Self-reported sleep, demographics, and health in seniors in Mibu, Japan, Yumiko ISHIKAWA, Akemi MARUI, Shoko Kaneko, Yukie Kamiyama, Noriko Aizawa, Innovation in Aging, 1, 562-563, 2017年07月
  • B町で生活する高齢者の睡眠状況と健康状態および生活習慣との関連, 会沢 紀子;宮本 雅之;丸井 明美;金子 昌子;石川 由美子, 獨協医科大学看護学部紀要, 13, 49-60, 2020年03月

書籍等出版物

  • エキスパートナース, ケアの進め方:昼寝て夜起きるような患者、改善を試みるべき?, 丸井明美, 照林社, 2016年, 87-90
  • Clinical Study, 国試合格塾-第9回在宅看護論・老年看護学-, その他, 丸井明美、丸岡紀子, メヂカルフレンド社, 2014年, 58-62
  • 根拠にもとづく高齢者施設ケア, 6章 視機能へのケア, 丸井明美, 金芳堂, 2010年, 176-182
  • ナーシンググラフィカ(27)老年看護学「老年看護の実践, 6章2節, 丸井明美, メディカ出版, 2005年, 219-230
  • ジーサプリ「場面で学ぶ老年看護」, 1章, 丸井明美、堀内ふき, メディカ出版, 2006年, 10ー18
  • ジーサプリ「場面で学ぶ老年看護」, 8章, 丸井明美, メディカ出版, 2006年, 155-166
  • 介護人材Q&A, 視機能の低下している高齢者の転倒・転落防止策, 丸井明美, 産労総合研究所, 2008年, 62-65

講演・口頭発表等

  • Association of Self-Rated Health in Community-dwelling Elderly People of Japan., Akemi MARUI, Yumiko ISHIKAWA, Shoko KANEKO, Yukie KAMIYAMA and Noriko AIZAWA, IAGG 2017 World Congress , 2017年07月, The 21th International Association of Gerontology and Geriatrics (IAGG), 国際会議
  • Association between Alcohol Consumption and Health Related Characteristics in Seniors., Akemi MARUI, Yumiko ISHIKAWA, Shoko KANEKO, 10th International Conference on Research in Life-Sciences & Healthcare (ICRLSH), 2019年07月
  • Association between Eye or Ear Problems and Psychosocial Functioning in Community-dwelling Seniors, Yumiko ISHIKAWA, Akemi MARUI, and Shoko KANEK, 10th International Conference on Research in Life-Sciences & Healthcare (ICRLSH), 2019年07月
  • Self Reported Sleep, Demographics, and Health in Seniors in Mibu, Japan., Yumiko ISHIKAWA, Akemi MARUI, Shoko Kaneko, Yukie Kamiyama, Noriko Aizawa, IAGG 2017 World Congress , 2017年07月, The 21th International Association of Gerontology and Geriatrics (IAGG), 国際会議
  • Body Mass Index, Demographics, and Health Conditions of Older Japanese., Y.Ishikawa, Y.Kamiyama, S.Kaneko, A.Marui, N.Aizawa, 6th Asia-Pacific Conference on Public Health (APCPH), 2016年08月, 6th Asia-Pacific Conference on Public Health (APCPH), 国際会議
  • 施設に入所している壮年期重症心身障害者の親自身のライフヒストリー, 小森由美、金子昌子、丸井明美, 第45回日本重症心身障害学会学術集会, 2019年09月
  • 7対1看護体制下の急性期病院で勤務する看護師の仕事意欲に関する影響要因, 落合秀樹、金子昌子、丸井明美, 第23回日本看護管理学会学術集会, 2019年08月
  • レム睡眠行動障害(RBD)患者の受診に至る過程-14名のインタビューを通して- , 森島一成、金子昌子、丸井明美、宮本雅之, 日本睡眠学会第44回定期学術集会, 2019年06月

公的助成金(競争的資金)

  • 高齢者施設居住者の視機能と視力改善の効果, 科学研究費助成事業(群馬医療福祉大学, 筑波大学), 丸井 明美, 田宮 菜奈子


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.