研究者データベース

大野佳子 ONO YOSHIKO オオノ ヨシコ

所属部署名: 地域看護学(壬生)
職名: 教授
Last Updated :2021/07/03

研究者情報

研究者情報

  • 氏名

    大野佳子, オオノ ヨシコ

所属

  • 地域看護学(壬生), 教授

プロフィール情報

所属

  • 獨協医科大学, 看護学部, 教授, 教授相当

学位

  • 博士(医学), 鹿児島大学大学院

研究キーワード

  • テキストマイニング
  • 行政評価
  • 動脈硬化予防
  • 健康教育
  • Qualititative Assesment
  • Health Education

研究分野

  • ライフサイエンス, 高齢者看護学、地域看護学
  • ライフサイエンス, 高齢者看護学、地域看護学
  • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学

経歴

  • 2021年04月, 9999年, 獨協医科大学, 看護学部・大学院看護学研究科, 教授
  • 2016年, 2021年03月, 城西国際大学, 看護学部, 教授
  • 2010年, 2016年, 北里大学, 看護学部, 准教授
  • 2002年, 2010年, 鹿児島大学, 医学部保健学科, 助教
  • 1999年, 2002年, 鹿児島女子短期大学 助手
  • 1999年, 2002年, Research Associate, Kagoshima Wemen's
  • 1986年, 1994年, 鹿児島県, 鹿児島県保健所, 保健師
  • Junior College

学歴

  • 2010年03月, 鹿児島大学, 大学院医歯学総合研究科
  • 2003年03月, 鹿児島大学, 教育学研究科, 日本国
  • 2003年, 鹿児島大学, Graduate School, Division of Education

所属学協会

  • 日本医療情報学会
  • 日本公衆衛生学会
  • Japan Association of Medical Informatics
  • The Japan Institute of Public Health

研究業績

受賞

  • 2017年08月, 日本地域看護学会, 第 20 回学術集会 優秀ポスター賞, 「地理情報システム(GIS)を用いた地域診断:C 県 T 市の高齢者介護予防事例より」
  • 2012年12月, 数理システム, 数理システム学生研究奨励制度2012, 「医学中央雑誌医学用語シソーラス体系の構造からみた家族看護研究の動向-家族発達段階を基にした比較から-」
  • 1991年, 第23回衛生教育奨励賞, 日本国

論文

    不明
  • 災害時に備え平時から地域母子との顔の見える関係づくり 本学で開催されるパパ・ママクラスを通して, 佐々木 美喜; 清水 清美; 宮澤 純子; 大野 佳子; 山田 万希子; 高田 良子; 種 恵理子; 飯島 亜樹; 柚山 香世子; 志賀 亮太; 横井 悠加; 岩田 浩子, 城西国際大学紀要(看護学部), 28(8), 93-102, 2020年03月
  • 2型糖尿病患者への自己管理の継続を促す看護職による動機づけ面接の特徴, 篠塚 友美; 大野 佳子; 種 恵理子; 進藤 綾; 渡辺 梓, 城西国際大学紀要(看護学部), 27(8), 17-30, 2019年03月
  • 健診データの5年後評価に基づく禁煙による健康への影響, 大野 佳子, 城西国際大学紀要(看護学部), 27(8), 31-43, 2019年03月
  • 日常生活の中で運動量を増やすための健康教育リーフレットの効果検証, 古宮 正都; 鈴木 大地; 大野 佳子, 城西国際大学紀要(看護学部), 27(8), 57-71, 2019年03月
  • 災害時の母子支援 城西国際大学ができること, 清水 清美; 宮澤 純子; 佐々木 美喜; 大野 佳子; 山田 万希子; 飯島 亜樹; 高田 良子; 種 恵理子; 柚山 香世子; 佐野 智子; 広瀬 美和; 小川 智子; 三浦 剛, 城西国際大学紀要(看護学部), 27(8), 125-136, 2019年03月
  • 青年期における健康投資の実態と主観的健康感との関連, 仲宗根 和也; 大野 佳子; 種 恵理子, 城西国際大学紀要(看護学部), 26(8), 41-54, 2018年03月
  • 看護学部教育グループ学習評価の一事例 認知症事例検討グループワーク学習を対象とするテキストマイニング法短期評価, 種 恵理子; 大野 佳子; 岡田 由美子; 鈴木 明子, 城西国際大学紀要(看護学部), 25(8), 19-35, 2017年03月
  • 高齢化の進んだ農村地域における介護に関する事前の意思決定および意思表示に影響を及ぼす要因 横断研究, 橋之口 園子; 大野 佳子; 草野 健, 日本農村医学会雑誌, 65(4), 792-803, 2016年11月
  • 事故防止のためのFailure Mode and Effect Analysisを用いた農業機械による作業工程表の作成および有用性の検討, 永江 恵子; 大野 佳子; 草野 健, 日本農村医学会雑誌, 65(4), 823-835, 2016年11月
  • 【看護研究におけるテキストマイニング(II)】テキストマイニングによる成功率の高い禁煙プログラムの会話構造の特徴, 大野 佳子; 磯村 毅, 看護研究, 46(6), 552-567, 2013年10月
  • 【看取りケアの充実〜介護職に必要な知識と技術】高齢者ケア施設における看取り期の家族ケアのポイント, 富山 まどか; 大野 佳子, 高齢者安心安全ケア: 実践と記録, 10(2), 16-22, 2012年11月
  • 健診受診行動と食生活状況等との関連について, 石崎 由美子; 草野 健; 青山 公治; 森 浩一朗; 尾上 佳代子; 大野 佳子; 山中 隆夫; 松下 敏夫, 鹿児島農村医学研究会雑誌, (41), 12-13, 2012年03月
  • 生活実態調査からみて 将来の介護に関する「事前の意思表示」を考える, 大野 佳子; 橋之口 園子; 森田 美加; 原田 美佳; 奥園 志帆; 上野 麻美; 石野 友希; 川邊 智子, 鹿児島農村医学研究会雑誌, (41), 54-55, 2012年03月
  • Potential of edaravone for neuroprotection in neurologic diseases that do not involve cerebral infarction., Kiyoshi Kikuchi; Ko-Ichi Kawahara; Hisaaki Uchikado; Naohisa Miyagi; Terukazu Kuramoto; Tomoya Miyagi; Yoko Morimoto; Takashi Ito; Salunya Tancharoen; Naoki Miura; Kazunori Takenouchi; Yoko Oyama; Binita Shrestha; Fumiyo Matsuda; Yoshihiro Yoshida; Shinihiro Arimura; Kentaro Mera; Ko-Ichi Tada; Narimasa Yoshinaga; Ryuichi Maenosono; Yoshiko Ohno; Teruto Hashiguchi; Ikuro Maruyama; Minoru Shigemori, Experimental and therapeutic medicine, 2(5), 771-775, 2011年09月
  • 看護基礎教育において学生が制作した病により苦悩する家族のジェノグラム・エコマップおよびコミュニケーションの円環パターンの特徴, 大野佳子; 小林奈美; 田久保由美子; 山岸貴子; 森谷栄子; 中井泉, 家族システムケア, 1(2), 27-34, 2011年06月
  • Edaravone: a new therapeutic approach for the treatment of acute stroke., Kiyoshi Kikuchi; Ko-ichi Kawahara; Naohisa Miyagi; Hisaaki Uchikado; Terukazu Kuramoto; Yoko Morimoto; Salunya Tancharoen; Naoki Miura; Kazunori Takenouchi; Yoko Oyama; Binita Shrestha; Fumiyo Matsuda; Yoshihiro Yoshida; Shinichiro Arimura; Kentaro Mera; Ko-ichi Tada; Narimasa Yoshinaga; Ryuichi Maenosono; Yoshiko Ohno; Teruto Hashiguchi; Ikuro Maruyama; Minoru Shigemori, Medical hypotheses, 75(6), 583-5, 2010年12月
  • 介護福祉学生に対する職務継続のための健康教育の評価, 大野 佳子; 榎原 るり子; 浜崎 眞美; 庵木 清子; 日谷 希和; 今村 佳代子; 橋口 照人; 丸山 征郎, 日本予防医学会雑誌, 5(1), 17-22, 2010年05月
  • 血管内皮細胞機能と動脈硬化危険因子との関係について新機検査法を用いた検証, 前之園 隆一; 橋口 照人; 大野 佳子; 丸山 征郎, 日本血栓止血学会誌, 21(2), 248-248, 2010年04月
  • 心理社会的因子が血管内皮細胞機能へ及ぼす影響評価とフォローアップ, 大野 佳子; 山下 秀俊; 山下 義人; 蓑輪 一文; 平良 行雄; 前之園 隆一; 橋口 照人; 丸山 征郎, 日本血栓止血学会誌, 21(2), 252-252, 2010年04月
  • 健常時における主観的疲労感による血管内皮細胞機能の判断基準としての価値, 大野 佳子, Vascular health and risk management, 6(1), 135-44, 2010年03月24日
  • 保健指導におけるHealth Locus of Control(HLC)の適用と予防に資する構造分析, 川邉 智子; 大野 佳子; 中薗 はるか; 中村 優希; 竹之下 智美; 鬼塚 しほ; 永江 恵子; 尾上 佳代子; 篠原 和子; 宮内 良子; 山中 隆夫; 山崎 利夫; 石崎 由美子; 森 浩一朗; 青山 公治; 松下 敏夫; 草野 健, 鹿児島大学医学部保健学科紀要, 20, 17-23, 2010年03月
  • 地域看護学への学生の学習意欲を高める試み 「しおさい会(保健師同窓会)」会員への保健師経験に関するインタビューを地域看護学概論に導入した効果の検討, 大野 佳子; 小林 奈美; 相星 香; 山本 真梨子; 森 隆子, 鹿児島大学医学部保健学科紀要, 20, 9-15, 2010年03月
  • 生活実態調査からみて 将来介護が必要になる前に 事前の意思表示について, 大野 佳子; 竹之下 智美; 中村 優希; 中薗 はるか; 鬼塚 しほ; 永江 恵子; 川邊 智子; 尾上 佳代子, 鹿児島農村医学研究会雑誌, (40), 56-57, 2010年03月
  • HMGB1: A new marker for estimation of the postmortem interval., Kiyoshi Kikuchi; Ko-Ichi Kawahara; Kamal Krishna Biswas; Takashi Ito; Salunya Tancharoen; Naoto Shiomi; Yoshiro Koda; Fumiyo Matsuda; Yoko Morimoto; Yoko Oyama; Kazunori Takenouchi; Naoki Miura; Noboru Arimura; Yuko Nawa; Shinichiro Arimura; Meng Xiao Jie; Binita Shrestha; Masahiro Iwata; Kentaro Mera; Hisayo Sameshima; Yoshiko Ohno; Ryuichi Maenosono; Yutaka Tajima; Hisaaki Uchikado; Terukazu Kuramoto; Kenji Nakayama; Minoru Shigemori; Yoshihiro Yoshida; Teruto Hashiguchi; Ikuro Maruyama, Experimental and therapeutic medicine, 1(1), 109-111, 2010年01月
  • Edaravone attenuates cerebral ischemic injury by suppressing aquaporin-4., Kiyoshi Kikuchi; Salunya Tancharoen; Fumiyo Matsuda; Kamal Krishna Biswas; Takashi Ito; Yoko Morimoto; Yoko Oyama; Kazunori Takenouchi; Naoki Miura; Noboru Arimura; Yuko Nawa; Xiaojie Meng; Binita Shrestha; Shinichiro Arimura; Masahiro Iwata; Kentaro Mera; Hisayo Sameshima; Yoshiko Ohno; Ryuichi Maenosono; Yutaka Tajima; Hisaaki Uchikado; Terukazu Kuramoto; Kenji Nakayama; Minoru Shigemori; Yoshihiro Yoshida; Teruto Hashiguchi; Ikuro Maruyama; Ko-Ichi Kawahara, Biochemical and biophysical research communications, 390(4), 1121-5, 2009年12月25日
  • Minocycline attenuates both OGD-induced HMGB1 release and HMGB1-induced cell death in ischemic neuronal injury in PC12 cells., Kiyoshi Kikuchi; Ko-ichi Kawahara; Kamal Krishna Biswas; Takashi Ito; Salunya Tancharoen; Yoko Morimoto; Fumiyo Matsuda; Yoko Oyama; Kazunori Takenouchi; Naoki Miura; Noboru Arimura; Yuko Nawa; Xiaojie Meng; Binita Shrestha; Shinichiro Arimura; Masahiro Iwata; Kentaro Mera; Hisayo Sameshima; Yoshiko Ohno; Ryuichi Maenosono; Yoshihiro Yoshida; Yutaka Tajima; Hisaaki Uchikado; Terukazu Kuramoto; Kenji Nakayama; Minoru Shigemori; Teruto Hashiguchi; Ikuro Maruyama, Biochemical and biophysical research communications, 385(2), 132-6, 2009年07月24日
  • 母親の育児不安要因の検討 対人関係とソーシャルサポートに焦点をあてて, 前田 愛; 宮薗 夏美; 大野 佳子; 池田 絵美, 鹿児島大学医学部保健学科紀要, 19, 11-18, 2009年03月
  • 地域において運動習慣を実行・継続する者の特性と促進要因の検証, 大野 佳子; 宇都 由美子; 長岡 良治, 鹿児島大学医学部保健学科紀要, 19, 19-26, 2009年03月
  • 日本におけるピアカウンセリングが高校生の性の自己決定に及ぼす影響に関する文献研究, 友岡 愛; 大野 佳子; 池ノ上 由貴; 森 友里恵; 石野 友希; 加藤 裕子, 鹿児島大学医学部保健学科紀要, 19, 41-48, 2009年03月
  • 鹿児島県における「看護者のメンタルヘルスケアに関する調査」(第2報) 臨床の看護場面に生かす課題分析, 中谷 明実; 徳永 弘恵; 図師 裕美; 井上 祥子; 鉛山 陽一; 中島 留利子; 下鶴 やえ子; 上須崎 浜子; 松下 チズ子; 大野 佳子; 鹿児島県看護協会看護師職能委員会, 日本看護学会論文集: 看護管理, (38), 63-65, 2008年04月
  • 看護実践能力育成に向けた取り組み 看護技術教育における学内演習の授業内容の精選, 松成 裕子; 宮薗 夏美; 山口 さおり; 東 サトエ; 津田 智子; 柳川 育美; 中俣 直美; 徳久 朋子; 大野 佳子; 今村 利香; 増滿 誠; 兒玉 慎平, 鹿児島大学医学部保健学科紀要, 17, 65-70, 2007年03月
  • 運動習慣継続の目的からみた成人の健康意識と行動要因の検討, 大野 佳子; 宇都 由美子; 熊本 一朗; 丸山 征朗, 看護情報研究会論文集, 7回, 45-48, 2006年07月
  • 医療機関とそこで働く看護職の個人情報保護法に対する取り組み状況の分析, 岩穴口 孝; 鮫島 幸; 館 さやか; 鶴東 安奈; 大野 佳子; 宇都 由美子, 看護情報研究会論文集, 7回, 61-64, 2006年07月
  • 夫婦間の介護分担に対する期待への夫婦関係と世間体意識の影響 鹿児島県在住夫婦を対象とした調査, 小林 奈美; 田中 志穂; 大野 佳子; 大野 佐津樹; 徳久 朋子, 家族看護学研究, 11(2), 76-76, 2005年08月
  • DPCと看護, 宇都 由美子; 大野 佳子; 熊本 一朗; 中村 ます子; 亀割 成子, 看護情報研究会論文集, 6回, 89-92, 2005年06月
  • 地域特性に根ざした大学病院の機能的役割に関する検証 需給状況と在院日数から, 大野 佳子; 宇都 由美子; 熊本 一朗, 看護情報研究会論文集, 6回, 154-157, 2005年06月
  • 糖尿病外来患者のセルフケア行動変容段階とその関連要因の検討 自己管理テストと血糖コントロールに焦点を当てて, 大野 佳子; 加藤 裕子, ヘルスカウンセリング学会年報, 10, 49-54, 2004年09月
  • ライフスタイル評価と健康教育への応用, 鹿児島大学教育学科 修士論文, 2003年
  • 交代勤務が健康に及ぼす長期的影響に関するコホート研究, 日本公衆衛生雑誌, 40(4), 273-283, 1993年
  • インフォデミックの中の動機づけ面接(MI), 大野佳子, 人権のひろば, 134, 16-21, 2020年07月
  • 医学中央雑誌医学用語シソーラス体系の構造からみた家族看護研究の動向-家族発達段階を基にした比較から-, 田久保由美子; 大野佳子; 小林奈美, 家族システムケア, 1(4), 67-73, 2012年12月
  • 介護福祉士を目指す学生の健康管理と専門職としての自己効力感, 大野佳子; 榎原るり子; 庵木清子; 浜崎眞美; 日谷希和, 鹿児島女子短期大学紀要, 43, 45-63, 2008年02月
  • 卒業生の職務満足度とその関連要因に基づく介護福祉士養成基礎教育の考察, 榎原るり子; 庵木清子; 浜崎眞美; 前田ミチ子; 大野佳子, 鹿児島女子短期大学紀要, 42, 63-81, 2007年02月
  • 喜界町肥満予防教室における質的評価の試みと健康教育方法の検討, 西村(大野)佳子, 国立公衆衛生院専攻課程平成3年度特別演習録, 269-284, 1992年03月

MISC

  • 高齢者ケア施設における看取りを支援する診療・介護報酬の検討, 小林奈美; 大野佳子; 森谷栄子; 中井泉, 看護系学会等社会保険連合(看保連)研究助成事業「研究報告書」, 1-49, 2012年07月
  • マチュラーナへの挑戦~オートポイエーシスを理解するための基礎的教養~其の4「ディビッド・ヒュームに魅せられて」, 大野佳子, 2012年06月
  • セルフケアの継続を促す 地域医療連携事業に関する研究報告書, 大野佳子; 宇都由美子; 長岡良治, 1-89, 2006年04月
  • 在学生意識調査における学生満足度の5年間の特徴と関連要因, 大野 佳子; 佐々木 美喜; 神明 明美; 北田 素子; 樺島 稔; 山田 万希子; 川久保 悦子, JIU看護学部学生委員会報告書, 1-14, 2020年10月

書籍等出版物

  • 保健の実践科学シリーズ 行政看護学, 分担執筆, 大野 佳子, 第1部 地区活動 第3章 地区診断 第3節 e-Statによる健康指標の比較分析,第5章 健康行動理論,第6章 健康相談,第8章 健康教育/ヘルスプロモーション,第13章 保健活動計画・評価技術 第1節 健康問題の分析に基づく保健活動計画,第2節 保健活動の評価技術,第15章 第3節 事業評価研究, 講談社, 2017年, 査読無し
  • 地域看護活動7 成人地域看護活動, 医学書院, 1994年, 査読無し
  • 保健師のための企画と評価方法-保健事業の効果的な展開をめざして,行政評価の視点からの提案-, 西村(大野)佳子; 向江美喜; 増永智美; 坂元恵子; 財部マチ子; 永山充代; 小原智代子, (p1-22)行政保健師が担当する保健事業を効果的に展開するための考え方と方法(PDCAサイクル)について概説し、「保健事業の企画・評価」を事例に挙げて説明した。, かごしま保健師活動研究会(アート印刷), 2007年03月
  • 奄美の保健-1990-, 宇田英典; 宮薗美恵子; 野呂さゆり; 西村(大野)佳子; 上村千鶴; 井上真由美; 内村恵理; 川上智子; 川上直枝; 川崎孝誉; 佐藤孝子; 体岡光子; 竹島良子; 徳永明子; 中村えり子; 長浜たか子; 東睦代; 平井朋代; 松枝里美; 松永法子; 満永たまよ; 森ほずみ, ①喜界町の地域特性:pp62-67.②ヘルシ-教室を通して健康への行動変容を考える:PP219-220.③肥満予防教室「けしごむ教室」の参加者から健康増進の在り方を考える:pp221-220., 鹿児島県名瀬(奄美)保健所, 1990年03月

講演・口頭発表等

  • 動機づけ面接による学習不安軽減への発話の変容, 大野 佳子; 金子 仁子; 種 恵理子; 三瓶 舞紀子, TNMC&WANS, 2017年, 口頭発表(一般), 国際会議
  • 理情報システム(GIS)を用いた地域診断:C県T市の高齢者介護予防事例より, 大野佳子; 服部兼敏; 石田ゆかり; 種 恵理子; 金子仁子, 第20回日本地域看護学会学術集会, 2017年, ポスター発表, 国内会議
  • 動機づけ面接を用いた禁煙プログラムにおける会話内容の比較分析, 大野 佳子; 服部 兼敏; 金子 仁子; 瀬在 泉, The 3rd KOREA-JAPAN Joint Conference on Community Health Nursing, 2016年, 口頭発表(一般), 国際会議
  • カルガリー式家族看護アセスメント・介入モデルを用いた新人とエキスパートとの比較:家族看護の初回面接ロールプレイの分析, 瀬在泉; 大野佳子, 29th International Conference of WHO, 2012年, ポスター発表, 国際会議
  • 病を抱える家族の苦悩の関する看護学生が作成した演劇の特徴, 大野 佳, 10th International family Nursing Conference, 2011年, ポスター発表, 国際会議
  • 禁煙外来の日常診療における禁煙プログラムの看護師による介入の評価, 大野 佳子; 加藤 裕子, International Conference of Nursing, 2007年, ポスター発表, 国際会議
  • 動機づけ面接(MI)の看護基礎教育への活用 学生の動機を引き出す会話スタイルの提案, 藤澤 雄太; 神山 とき江; 加藤 千洋; 小林 康江; 久保田 聰美; 大野 佳子; 三瓶 舞紀子; 瀬在 泉; 山本 晴美, 日本看護科学学会学術集会講演集, 2019年11月, 2019年11月, 2019年11月, (公社)日本看護科学学会
  • 貧困・生活困窮者にとって役立つ保健医療福祉の情報とは(文献検討), 大野 佳子; 川手 愛美; 瀬在 泉, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月, 2019年10月, 2019年10月, 日本公衆衛生学会
  • 依存の問題にかかわる保健師の面接技術に関する文献検討, 瀬在 泉; 大野 佳子; 吉岡 幸子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月, 2019年10月, 2019年10月, 日本公衆衛生学会
  • 青年期における健康投資の実態と主観的健康度との関連, 大野 佳子; 仲宗根 和也; 種 恵理子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2017年10月, 2017年10月, 2017年10月, 日本公衆衛生学会
  • 看護領域における「動機づけ面接」の有用性 RCTの検討より, 瀬在 泉; 大野 佳子; 川井田 恭子; 藤澤 雄太, 日本看護科学学会学術集会講演集, 2016年11月, 2016年11月, 2016年11月, (公社)日本看護科学学会
  • セルフケアを支援する動機付け面接(MI) MIの実践、そして研究体制の構築へ, 瀬在 泉; 大野 佳子; 川井田 恭子; 小林 康江; 久保田 聰美; 近藤 千春; 三瓶 舞紀子; 清水 彩; 藤澤 雄太, 日本看護科学学会学術集会講演集, 2016年11月, 2016年11月, 2016年11月, (公社)日本看護科学学会
  • A市における2型糖尿病予防のための職業生活の観点からみた地域診断プロセス, 大野 佳子; 岡田 由美子; 種 恵理子; 鈴木 明子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2016年10月, 2016年10月, 2016年10月, 日本公衆衛生学会
  • ヘルスプロモーション分野における「動機づけ面接」(MI)の有用性-RCTの検討より, 瀬在 泉; 大坪 陽子; 大野 佳子; 北田 雅子; 三瓶 舞紀子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2015年10月, 2015年10月, 2015年10月, 日本公衆衛生学会
  • 禁煙のための保健指導における医師と保健師のテキストマイニングによる会話構造の比較, 大野 佳子; 金子 仁子; 服部 兼敏; 北田 雅子; 磯村 毅, 日本禁煙学会学術総会プログラム・抄録集, 2014年11月, 2014年11月, 2014年11月, (一社)日本禁煙学会
  • 家族システム看護の観点からの禁煙支援に関する国内外の研究, 大野 佳子; 小林 奈美; 金子 あけみ; 森 淳一郎, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2013年10月, 2013年10月, 2013年10月, 日本公衆衛生学会
  • 特別養護老人ホームにおける看取り期の食事援助 看護職と介護職の関わりの特徴, 富山 まどか; 小林 奈美; 大野 佳子, 日本看護科学学会学術集会講演集, 2012年11月, 2012年11月, 2012年11月, (公社)日本看護科学学会
  • 家族を対象とする看護研究の特徴 養育期、成人期、老年期における医学用語シソーラス構造の比較, 田久保 由美子; 蔦沢 朋未; 小林 奈美; 富山 まどか; 大野 佳子; 金子 あけみ, 日本看護科学学会学術集会講演集, 2012年11月, 2012年11月, 2012年11月, (公社)日本看護科学学会
  • 現任教育における家族システム看護の学習効果, 田久保 由美子; 小林 奈美; 大野 佳子, 日本家族看護学会学術集会プログラム・抄録集, 2012年08月, 2012年08月, 2012年08月, 日本家族看護学会
  • 特別養護老人ホームにおける看護・介護職員の看取り体験 家族対応へのやりがいと負担の可視化, 大野 佳子; 小林 奈美; 河原 宣子; 森谷 栄子; 中井 泉; 山岸 貴子; 富山 まどか; 田久保 由美子, 日本家族看護学会学術集会プログラム・抄録集, 2012年08月, 2012年08月, 2012年08月, 日本家族看護学会
  • 農業機械による事故予防のためのFMEAモデル応用の有用性に関する研究, 永江 恵子; 大野 佳子; 川邉 智子; 竹之下 智美; 鬼塚 しほ; 中村 優希; 中薗 はるか; 草野 健, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2011年10月, 2011年10月, 2011年10月, 日本公衆衛生学会
  • 保健指導体制の根拠とするための健診データの長期評価, 大野 佳子; 小泉 雅也; 前田 育子; 中谷 純江; 石野 友希; 今村 佳代子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2011年10月, 2011年10月, 2011年10月, 日本公衆衛生学会
  • カルガリー式家族アセスメントモデルの学習効果 演劇制作を用いた表出的機能の学習に焦点化した分析, 大野 佳子; 小林 奈美; 田久保 由美子; 山岸 貴子; 森谷 栄子; 中井 泉, 日本家族看護学会学術集会プログラム・抄録集, 2011年06月, 2011年06月, 2011年06月, 日本家族看護学会
  • チャカリア地域における持続可能な慢性疾患対策への参加型農村調査PRAの実施, 大野 佳子; 中谷 純江; 加藤 裕子; 川邉 智子; 今村 佳代子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2010年10月, 2010年10月, 2010年10月, 日本公衆衛生学会
  • 鹿児島県日置地域住民の受診行動とHLC(健康統制感)に関する実態調査, 川邉 智子; 大野 佳子; 中薗 はるか; 篠原 和子; 宮内 良子; 永江 恵子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2010年10月, 2010年10月, 2010年10月, 日本公衆衛生学会
  • 行政評価の視点からみた保健事業の評価方法について, 大野 佳子; 川邉 智子; 財部 マチ子; 増永 智美; 向江 美喜; 坂元 恵子; 永山 充代; 小原 智代子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2009年10月, 2009年10月, 2009年10月, 日本公衆衛生学会
  • 看護師による外来での新しい禁煙指導『リセット禁煙』を取り入れて, 加藤 裕子; 大野 佳子, ヘルスカウンセリング学会学術大会・総会プログラムおよび講演抄録集, 2007年09月, 2007年09月, 2007年09月, (NPO)ヘルスカウンセリング学会
  • 地域住民の生活習慣病予防のための運動継続に影響を及ぼす要因の検討, 大野 佳子; 宇都 由美子, 日本看護科学学会学術集会講演集, 2006年11月, 2006年11月, 2006年11月, (公社)日本看護科学学会
  • 行政評価シート活用による保健師活動評価の標準化に関する研究, 大野 佳子; 原田 ケイ子; 永山 充代; 坂元 恵子; 入口 芳子; 出口 百合子; 冨安 恵子; 小原 智代子; 向江 美喜; 増永 智美; 財部 マチ子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 2006年10月, 2006年10月, 2006年10月, 日本公衆衛生学会
  • 地域住民への健康教育の長期評価 生活習慣病予防プログラムと健診結果の分析, 大野 佳子; 小林 奈美; 兒玉 慎平, 日本看護科学学会学術集会講演集, 2004年12月, 2004年12月, 2004年12月, (公社)日本看護科学学会
  • FKモデルによる地域健康増進の試み, 大野 佳子; 東郷 令子, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 1999年10月, 1999年10月, 1999年10月, 日本公衆衛生学会
  • Characteristics of Metaphor that affect Behavioral Change in Smoking Cessation Program with Motivational Interviewing (MI) and Regular Smoking Cessation Program without MI-, Yoshiko Ohno; Kanetoshi Hattori; Masako Kaneko, The 2016 International Collaboration for Community Health Nursing Research (ICCHNR) Symposium, Canterbury, United Kingdom, 2016年09月
  • Analysis of Conversation Contents which are Effective in Behavioral Change in Smoking Cessation Program -Pilot Study by Comparison of Smoking Cessation Program with Motivational Interviewing (MI) and Regular Smoking Cessation Program without MI-, Yoshiko Ohno; Masako Kaneko; Kanetoshi Hattori, The 3rd KOREA-JAPAN Joint Conference on Community Health Nursing, Busan, South Korea, 2016年07月
  • Comparison between an expert and novices using the Calgary Family Assessment and Intervention Models (CFAM/CFIM) through analyses of simulated family nursing intake interviews, Yoshiko Ohno; Nami Kobayashi; Yumiko Takubo, 29th International Conference of WHO, 2012年08月
  • The characteristics of dramas on suffering of families with illness produced by nursing students., Yoshiko Ohno; Yumiko Takubo; Nami Kobayashi, 10th International family Nursing Conference, 2011年07月
  • Endothelial function as an objective assessment tool of fatigue in healthy individuals., Yoshiko Ohno; Teruto Hasiguchi; ikuro Maruyama, 3rd ICOHN and the 2nd ACOHN joint conference, Yokohama, 2010年11月
  • 25. Evaluation of nursing to outpatient smoking cessation program for psychological addiction in a clinic’s daily practice., Yoshiko Ohno; Yuko Kato, ICN Conference, Yokohama, Kobe, Japan., 2007年06月

公的助成金(競争的資金)

  • 動機づけ面接の内容と構造は禁煙継続の有無に影響するか, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 大野 佳子; 瀬在 泉; 三瓶 舞紀子, 2020年04月01日 - 2023年03月31日
  • 児童虐待のリスクが高い妊婦に動機づけ面接法で保健師が家庭訪問をしたら虐待は減るか, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 三瓶 舞紀子; 藤原 武男; 大野 佳子, 2016年04月01日 - 2021年03月31日
  • 家族・産業システムに働きかける禁煙継続のための保健指導プログラムの開発, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 大野 佳子; 服部 兼敏; 金子 仁子; 森谷 栄子; 中井 泉; 北田 雅子, 2014年04月01日 - 2017年03月31日
  • 家族システム看護の知識播種を促進する因子の検討:日本、タイ、インドネシア比較研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 小林 奈美; 大野 佳子; 新井 陽子; 佐藤 直美; 前川 宣子, 2013年04月01日 - 2017年03月31日
  • 病院の一般外来の質向上に向けた外来システム構築の試み, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 森谷 栄子; 大野 佳子; 中井 泉; 小林 奈美, 2013年04月01日 - 2017年03月31日
  • 家族及び職場環境システムを統合した包括的禁煙継続支援プログラムの開発, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 大野 佳子; 金子 あけみ; 森 淳一郎; 小林 奈美, 2011年 - 2013年
  • 家族システムに焦点化した保健指導プログラムの開発と評価, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 金子 あけみ; 大野 佳子; 森 淳一郎; 小林 奈美, 2011年 - 2013年
  • 動脈硬化予防に用いる健康学習教材としての血管内皮細胞機能検査の有効性の検証, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 萌芽研究, 大野 佳子; 丸山 征郎; 橋口 照人; 前之園 隆一, 2007年 - 2008年
  • 何故薬がのめないのか、生活者としての患者の服薬管理と正確な薬歴DBの構築, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 宇都 由美子; 熊本 一朗; 村永 文学; 大野 佳子, 2006年 - 2008年
  • 病院DWHを利用した看護ケア量による看護師人件費算に関する研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 宇都 由美子; 村永 文学; 大野 佳子; 熊本 一朗, 2004年 - 2005年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.